サイディング

■建物を美しく彩るサイディング。機能性・耐久性ともにすぐれた仕上がりを

現在新築の約8割に使用されている“サイディング”。
耐久性・耐震性があり、デザイン性にも優れているため、新築・リフォームにおける外壁工事に欠かせない存在となっています。

けれどもその一方で、サイディングの施工不良によるトラブルも、度々耳にするようになってきました。
たとえば通気層を充分に確保していなかったために、雨漏りが起こったり、サイディング材を打ち付ける釘の位置や間隔が原因で、ひび割れを起こしたり。

そんな不確かな施工では、安心して生活できなくなってしまうことでしょう。

当社は、“外壁施工のスペシャリスト”として、決して施工に妥協はいたしません。
素材に合わせたご提案や、建物の形状を踏まえた防水処理、納まりの工夫。
数々の建物を手掛けてきたからこそ、臨機応変に対応することが可能です。

住宅はもちろん店舗やマンションなど、様々な建物に実績がございますので、どうぞ安心してお任せください。
納期と品質を両立し、元請け会社様にも、施主様にもお喜びいただける、バランスの取れた工事をいたします。

◎外壁材にサイディングを選ぶメリット
・現代の住宅外壁では、サイディングが8割以上のシェア
・ローコスト・短工期
・外壁の下地に直接打ちつけていくため、施工性が高い
・工場生産で品質が安定している
・軽量で建物への負担が少ない(重量はモルタル壁の2分の1以下)
・タイル調・石張り調・木目調など、バリエーションが豊富
・耐火性・耐久性に優れている

■サイディングを長持ちさせるために!大切なメンテナンス

サイディングのメンテナンス時期は、新築から約10年が目安だと言われています。
しかしそれはあくまで目安の年数であって、素材や立地環境、施工状態によっては劣化が早まることも。
以下のような症状が見られたら、そろそろメンテナンスをご依頼ください。

◎要チェック!サイディングの劣化症状
・サイディングが色あせている
・表面にコケや藻が発生している
・手で触ると指に白い粉がつく
・ひび割れている
・塗膜の剥がれやふくれが見られる
・シーリングが劣化している

このような症状は、サイディングの防水性が低下しているというサインです。
ご相談いただければ、劣化の進行具合を見極め、塗装や重ね貼り、シーリングの充填、張り替えといった適材適所の方法で対処させていただきます。

【電話】 0729-20-0001
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 大阪・奈良を中心とした関西全域

一覧ページに戻る